シルバー世代に優しいリフォーム|フロアコーティングついでに玄関のドアもリフォーム

工夫を凝らした工事でより出入りがしやすい玄関づくりを目指す

シルバー世代に優しいリフォーム

ドア

躓かない玄関ドアの取り付け方

既存の枠に新しいドアを取り付けた時に、どうしても段差ができてしまいます。足の悪い高齢者の方や歩行が不安定な幼児だと足を引っかけて転んでしまう可能性があります。熟練した技を持つ職人の力を借りれば、段差も綺麗になくなります。

手すりで転倒防止をする

玄関を利用してわかることは、高齢者が一番転倒する部分が玄関であることです。安心安全に出入りできるよう、リフォーム会社では、手すりを付けるオプション工事を用意しています。地面に物を落としても、手すりがあれば楽に拾えますよ。

施工事例で仕上がりを見てみよう

玄関ドアのリフォームでどのような仕上がりになったのか知りたい場合は施工事例がおすすめです。画像では仕様や建物とドアの色がどのようにマッチしているのかを知ることができます。

デザインも重視したいならランキングでチェック

no.1

一枚ドアですっきり!流行りは片袖のドア

人が出入りするのに必要な開口部の幅は、60センチから70センチですが60センチだと小さすぎる印象があります。今流行りの玄関ドアは従来のものよりとにかく大きいのが特徴です。風格が出ますし、玄関ドアのリフォームだけで威厳が出てくるのも人気の理由です。また、ガラスがついた片袖ドアは光が入るので玄関を明るくしてくれます。

no.2

昭和の家屋をイメージしたいならランマ

日本人の平均身長は170センチ以上なので幅や高さも大きい方が安心ですが、見た目も重視したいところです。例えば、昔の家屋をイメージさせるランマは、大きな玄関ドアのような圧迫感がなく家自体をすっきりと見せることができます。見た目も今流行りの素材を使うので、インテリアっぽさが出ておしゃれです。

no.3

高級感を出したいのならウォールナット系が無難

どの家にも馴染むのがウォールナット系の玄関ドアです。高級感の中に、素材そのものの暖かみがあるのが人気の理由です。二つの良さをバランスよく持っているので、玄関ドアの選定に迷った場合にも選ばれています。

広告募集中